準備するもの

旅行先の移動手段で借りたレンタカー

大勢で旅行に行くときに近場だと歩いていけますが、自然の多い地域では歩いて観光するのは厳しいものがあります。小さな子どもを連れて行っても、歩くの疲れたと言い出したときにはもう大変です。私が家族で北海道に旅行に行ったときに、同じ場面に出くわしました。 3歳の子どもがいるのですが、途中で眠たいと言い出し急遽抱っこして観光先まで行くことになりました。いくら小さな子どもだからとはいえ、やはり抱っこして歩くのは相当疲れます。そんな時、ふと思いついたのがレンタカーです。レンタカーの予約は時間がかかると思っていましたが、簡単な書類を書くだけの数分で済み、観光する時間に支障はありませんでした。飛行機で北海道まで行ったので、当然車は持っていくことができませんでしたが、旅行先でレンタカーを借りることができたのは、家族にとってとても嬉しいことでした。

借りるときに必要なもの

私は運転免許証とクレジットカードのみで、レンタカーを借りることが出来ました。現金払いの場合は、運転免許証のほかに本人確認をすることができるもの(公共料金の領収書や住民票など)があれば借りられるそうです。交代で運転する場合は、運転をする方全員の運転免許証が必要になるので、必ず肌身離さず持っていたほうが良いと思います。 普段は小さな車を乗っているのですが、旅行と言うこともあって荷物が多いため、ちょっとリッチな気分で大きめのワゴンを借りました。普段乗らないけど気になっている車を借りられるのも、お得感があって嬉しかったです。 これからも旅行先に行ったときは、レンタカーを利用して快適に旅行を楽しみたいと思いました。